学位論文



2011年度提出分


博士課程

山崎哲   The maintenance mechanism of atmospheric blocking (大気ブロッキングの持続メカニズムについて)


修士課程

中村東奈  梅雨前線の折れ曲がりによる大雨事例の解析

本田匠   水蒸気プロファイルがスーパーセルストーム発達に及ぼす影響

圓井拓哉  アリューシャン低気圧・アイスランド低気圧の変動と移動性低気圧の変動の関係

山下はづき テレコネクションパターンの成因 -中立特異モードと「純粋な」低周波変動からのアプローチ-


学部4年生

佐々木大成 大雨をもたらす降水システムの雷活動について

シェリフ多田野サム 流線関数の共分散に基づいたテレコネクションパターン

辻宏樹    渦(台風)の大きさの変化について


2010年度提出分


修士課程

川上瑠菜  大規模場における独立成分の抽出

久保勇太郎 西部太平洋における台風発生と季節内変動の関係

坂田成美  2009年8月9日兵庫・岡山で発生した豪雨の解析

松下哲朗  準定常レジームの性質とその予測可能性

山下俊也  梅雨期における降水の日変化


学部4年生

金沢一磨  北半球における近年の低温偏差の特徴とその事例解析

田上みゆき 2010年10月20日奄美豪雨の事例解析

林未知也  熱帯での風と積乱雲の相互作用におけるcosφコリオリ項の重要性について


2009年度提出分


博士課程

折口征二  Formation, enhancement and maintenance processes of low level jet associated with line-shaped convective system within the Baiu frontal zone (梅雨前線帯の線状降水系に伴う下層ジェットの形成・強化・維持機構)

坂井大作  Changes in interannual variability of anomaly fields in the Northern Hemisphere in response to global warming (地球温暖化に伴う北半球偏差場年々変動の長期変化)


修士課程

梅津浩典  北半球冬季のMadden-Julian振動の中高緯度成層圏への影響

梅林憲太  下層風サージによる台風発生の数値シミュレーション

栃本英伍  梅雨前線帯の低気圧の発達過程と環境場

堀内祥之  梅雨期に大雨をもたらすメソ対流系

丸岡知浩  植物季節に対する地球温暖化の影響

森口祐    台風と前線の相互作用


学部4年生

中村東奈  大規模場から見た梅雨前線-渦位の折れ曲がり事例-

福川匠    対流圏中層の乾燥度がスーパーセルの発達に及ぼす影響

圓井拓哉  アリューシャン低気圧・アイスランド低気圧と移動性低気圧の関係

山下はづき テレコネクションパターンの成因-中立特異モードと純粋な低周波変動からのアプローチ-


2008年度提出分


博士課程

下瀬健一  Numerical Simulation of Tornadogenesis in a Realistic Condition


修士課程

小山陽平  2006年7月に発生した九州南部の豪雨の事例研究

中村健太  不連続下部境界と台風の移動

山崎哲  大気ブロッキングの持続メカニズムについて

吉田健二  梅雨期における九州地方の大雨事例に対する台風の遠隔影響


学部4年生

川上瑠菜  大規模場における独立成分の抽出

久保勇太郎  季節内変動と台風発生の関係

松下哲朗  ブロッキング発生の予測可能性

山下貴大  寒候期における温帯低気圧の発生・発達について〜東アジアと北米の比較〜


2007年度提出分


修士課程

麻生祥仁  中立特異モードによるNAO / PNAと成層圏卓越変動の励起メカニズム

今藤友紀  梅雨前線の挙動の長期変動

大河内智美  台風の発生とモンスーン合流域

沖山晃一  梅雨期における九州付近の降水の日変化

中島一徳  対流圏中層の乾燥度がスーパーセルストームの発達に及ぼす影響について


学部4年生

梅津浩典  Madden-Julian振動と全球への影響

梅林憲太  台風発生の環境場とMadden-Julian振動の関係

堀内祥之  梅雨期に発生・発達するメソ対流系の組織化に関する研究

丸岡知浩  サクラの開花に対する地球温暖化の影響


2006年度提出分


修士課程

青木優佳  4次元のteleconnection

石井美里  渦と渦の相互作用

河内愛子  梅雨前線付近のメソ擾乱の構造の研究

櫻木智明  九州地方における夏季積乱雲の出現特性

樋口俊司  台風の温帯低気圧化に伴う降水システムの変化


学部4年生

小島脩平  日本付近を通過する低気圧に関する研究〜特に二つ玉低気圧について〜

小山陽平  2006年7月下旬の南部九州豪雨の事例研究

山崎 哲  ブロッキングの持続機構に関する事例研究

吉田健二  大規模場から見た梅雨前線〜九州地方の大雨事例〜


2005年度提出分


修士課程

小笠原望  梅雨前線帯のクラウドクラスターの発生・発達過程の特徴―2001年7月5日〜8日の事例解析―

坂井大作  偏差場の気候変動

下瀬健一  竜巻発生の数値シミュレーション

關谷直高  2003年7月20日南部九州で起きた集中豪雨の事例解析

三苫啓太  台風発生過程の再現実験


学部4年生

麻生祥仁  北半球冬季東西非一様場での傾圧特異モード計算〜長周期変動の「選択されやすい」構造について〜

今藤友紀  梅雨前線の挙動の長期変動

大河内智美  台風発生の頻発域とモンスーン合流域

沖山晃一  梅雨期メソ対流系の日変化について


2004年度提出分


修士課程

市丸裕美子  2003年7月19日福岡豪雨の解析

上野直子  九州地方における梅雨期メソ対流系の雷活動について

川口和哉  梅雨期九州近海上におけるメソ対流系の形態に関する研究

山木美弘  帯状非一様な基本場の下での対流圏と成層圏の相互作用


学部4年生

青木優佳  4次元のテレコネクション

菊地庸子  梅雨前線に沿って発生する中規模擾乱の解析

櫻木智明  九州地方における夏季積乱雲の発生特性

益田文子  台風の風速分布における非対称性


2003年度提出分


修士課程

池田泰論  冬における台風発生の数値シミュレーション (html) (pdf)

稲丸貴志  北大西洋振動(NAO)と北欧の降水変動に関する研究 (html)  (pdf)

原田憲一  対流圏・成層圏の卓越モード間におけるつながり (pdf)

松本英明  「純粋な」低周波変動の振舞いと傾圧波との相互作用 (pdf)

渡邊啓倫  九州地方における夏季積乱雲の発生について (pdf)


学部4年生

坂井大作  気温・気圧場偏差の長期変動について〜「異常」気象と気候変動の関係〜 

下瀬健一  九州地方で発生した竜巻に関する研究

關谷直高  団塊状降水系と地形性降水系の複合による豪雨

三苫啓太  数値実験による台風発生過程の研究


2002年度提出分


修士課程

古沢進  北太平洋西部における台風発生に関する大規模場と海水面温度

河内悠  梅雨前線に沿って発生する円形雲クラスターの発達過程

花田博之 X-BAIU-01 期間中に九州南部地方を通過したメソスケール対流のシステムの構造と発達過程


学部4年生

青木孝枝  気温と気圧の長期トレンドの空間パターンについて

市丸裕美子 梅雨期における九州地方の地形性降雨の特徴について

上野直子  2002年梅雨期に九州南部地方を通過したメソスケール対流系の雷活動について

雑山浩秀  台風の連続発生についての解析

川口和哉  梅雨期九州近海上において発達する規則性を持ったメソスケール対流系の研究


2001年度提出分


修士課程

内村健司 転向における台風と環境場の相互作用

田中達也 2001年1月18日に新潟県上越地方で観測された降雪バンドの発達過程

萩尾公一 梅雨前線に伴って発生するメソ擾乱の研究

三谷勉  北海道日高地方における風の特性


学部4年生

池田泰論 冬における台風発生の数値シミュレーション

白石瞬  梅雨期豪雨の分類〜団塊状降水系と線状降水系の事例解析〜

中村綾子 梅雨期における集中豪雨の事例解析

中村卓也 北大西洋振動(NAO)と北半球の気温との関係に関する研究

原田憲一 対流圏と成層圏における卓越モード間のつながり

渡辺啓倫 九州における夏季積乱雲(熱雷)の出現特性について


2000年度提出分


修士課程


学部4年生

稲丸貴志 北大西洋振動(NAO)と北欧の降水の関係

河内悠  北大西洋振動(NAO)と北欧の降水の関係

古沢進  西太平洋における台風発生に関する大規模循環場と海水面温度

松本英明 高周波変動の影響を排除した低周波変動


1999年度提出分


修士課程

木村省吾  Madden-Julian振動の構造と位相速度の解析

田中小緒里 下層ジェットのメカニズムに関する数値実験

鳥山暁人  地形性降雨の発生過程に関する数値実験


学部4年生

大東忠保  1999年6月29日九州北部での豪雨の解析―九州の他の梅雨期豪雨との比較

田中達也  日本の気候とENSO現象の関係について

三谷勉   北海道日高地方の風の特性

山本昇治  アメダスデータ解析による気温と降水量の統計的推測

吉田優   台風発生と大規模循環場・海面水温との関係


1998年度提出分


修士課程

早崎宣之  メソγスケール擾乱と前線との相互作用による前線強化過程の研究─数値実験─

増田有俊  暖域レインバンドの成因と発達機構

室谷宏一  1990年代前半の気温の変動とその原因


学部4年生

今林隆史  カスピ海周辺のブロッキング形成における高・低周波力学の役割に関する事例研究

岸川真人  梅雨前線上の擾乱に対する下層ジェットの役割

        台風発生における熱帯大規模場の影響

佐藤暢晃  福岡市周辺における風下波の観測的研究

吉井啓貴  日本の気象とENSOの関係について


1997年度提出分


修士課程

是永真理子  層状氷晶雲からの降水への赤外放射の影響ー数値実験ー

山口奈智子  鹿児島域における梅雨末期豪雨解析

         南九州梅雨雲の雲物理学的研究(電気的活動)--TREXプロジェクト--

         南九州梅雨雲の雲物理学的研究(降水機構)--TREXプロジェクト--


学部4年生

田中小緒里・鳥山暁人 湿潤過程を含む傾圧不安定の構造について〜1997年7月福岡の豪雨の解析例〜


1996年度提出分


掲載論文

高橋劭・川野哲也 レインバンドの降水と発達の数値実験(Numerical Sensitivity Study of Rainband Precipitation and Evolution)


修士課程

宮脇久仁子  風洞実験による着氷電荷発生機構の再吟味

杉山正佳   オーストラリア、メルビル島、巨大積乱雲の降水機構―ビデオゾンデ観測―

野上剛芳   冬季北陸雪雲とAustralia巨大積雲の電気的活動


学部4年生

天達夕子・森裕之 湿潤過程を含む傾圧不安定について 〜1993年8月鹿児島豪雨での解析例〜

滝川哲太郎・室谷宏一 季節変化を含む1次元気候モデルによるピナツボ火山噴火後の気候変化の研究

高山伸昭  九州における降水と雷活動について

増田有俊  アジアモンスーン域雷活動と雲内氷晶数