北海道日高地方の風の特性

氏名: 三谷 勉
指導教官: 伊藤 久徳


 海岸地域の風の特性を概観するため、まず日本全国の海岸部における 風の主軸をEOF解析により求めた。その結果、主軸の方向が他の一般的 な地域と異なり、 海陸風方向と一致しなかった北海道日高地方沿岸部の 風の特性を研究した。

 ホドグラフ及び風配図による解析の結果、日高地方においては特に昼間 について、風向の頻度の、主軸に沿う方向の成分が大きくなっていた。

 次に、昼間(12JSTから17JST)について、 日高地方沿岸部5地点における 各風向の頻度を気圧傾度の方向別に求め、風の主軸が海陸風方向と一致 していた苫小牧と比較した。 その結果、気圧傾度が小さい場合、 苫小牧で は海風が卓越するのに対し、 日高地方では海風が卓越しないという傾向が 見られた。また、日高地方の昼間の風向が大きく2つに分かれる傾向が見ら れた。