日本の気象とENSOの関係について

氏名: 吉井 啓貴
指導教官: 守田 治



 近年、エルニーニョは、世界各地に異常気象をもたらすものの1つとして考えられている。もちろん、日本においても、エルニーニョの影響は見られている。その影響として、エルニーニョが起こると、主に、冷夏や暖冬、そして、梅雨明けが平年より遅れるというものが見られる。

 このようなことから、本研究では、エルニーニョが日本の気象にどのくらい影響しているのかを調べることにした。

 今回の研究で使用したデータは、ENSO(エルニーニョ・南方振動)データとして、1951〜97年までのSOI(南方振動指数)データとSST(海水面温度)の4つの海域のデータを使用した。日本のデータとして、1951〜97年までの鹿児島の月平均海面気圧、降水量(月間降水量、日最大降水量、1時間最大降水量)、月平均気温と南鳥島の1970〜97年までの月平均海面気圧、月間降水量、月平均気温のデータを使用した。また、日本のデータについては、それぞれのデータから季節変動を取り除いた偏差データも使用した。

 そして、これらのデータを元にして、次のような3つの解析を行った。まず、はじめに、日本のデータ内にENSOの周期が見られるかを調べるフーリエ解析を行った。次に、日本の気象とENSOの間の相関の強さを調べる相関解析を行った。最後に、日本の気象にENSOが及ぼす影響力を調べる因果律解析を行った。

 このようにして、解析結果から、この研究の結果を求めて、そして、考察を行った。