九州における降水と雷活動について

氏名:高山 伸昭
指導教官: 高橋 劭


 九州の降水量、落雷数、レーダーエコー図をもとにした解析から、6月下旬と7月上旬とでは降水量に差はないものの、落雷数は7月の方が1ケタも多く、雷活動に大きな差があることが分かった。そこで、雷活動に重要な0℃から−20℃層の氷晶と霰の数をビデオゾンデのデータから見てみると、7月の方がその数が多いことが確認できた。

 また、高層天気図から、6月下旬は南からの風、7月上旬は大陸からの風が卓越していることから、7月上旬は、氷晶核の多い大陸からの風により氷晶、霰の数が増加したため、雷活動が活発になったと考えられる。